借金が返せない時に視野に入れたい任意整理

お金を借りる時に無理なく返せる金額を借入する事は大切です。

 

ですが、どうしても返せなくなる事態があっても不思議ではありません。

 

しっかりと返済計画を立てていても、突然予期せぬ出来事で返済が難しくなる事態もあり得ます。

 

これは他人事ではありません。

 

こういう時のために、様々な救済方法がある事をまず知っておくべきです。

 

よく知られているのは自己破産ですが、借金苦から逃れる手段は何も自己破産だけではありません。

 

借金がなくなるわけではありませんが、利息分をカットしてもらう事で返済しやすいように交渉する方法があるのです。

 

それが任意整理です。

 

任意整理のメリットは、この先返済していく金額に関しては利息分をなしにしてもらえるので、返済がスムーズに出来ることです。

 

最近消費者金融でもグレーゾーン利息が無くなったとはいえ上限は20パーセントです。

 

金額が大きくなればなるほど、この20パーセント分の利息は重くのしかかります。

 

仮に過払い利息があった場合は、その利息分は一括返済として使う事も可能です。

 

また、司法書士等が債権者に交渉する形になるので、裁判所を通す必要がなく自由度が非常に高い事も魅力です。

 

一部の債権者にのみ任意整理をするという事も可能です。

 

ただ注意する事もあります。

 

ブラックリストに入るため5年間は新たな借り入れができません。

 

また、自己破産や個人再生と比べると、利息分は減るにしても総額で言うとそこまで大幅には減りません。

 

こういうところも頭に入れておきましょう。

気になる任意整理の費用

借金が返せなくなった時に考えるのが自己破産、個人再生などです。

 

また任意整理があります。

 

ただ気になるのは費用面です。

 

債務整理を利用したいという方ですので、経済的に苦しい方がほとんどです。

 

もちろん様々なケースがあるので一概には言えませんが、大体の相場はいくらでしょうか。

 

任意整理をする時は、弁護士や司法書士に頼む形になります。

 

インターネットを調べていると複数ヒットしますが、その先生によって強い分野は違ってきます。

 

債務整理に関して強い方を選ぶとより安心です。

 

大体の相場は1社につき3万円前後ですが、業者によって違いますのでしっかりと確認しましょう。

 

分割払いを許可してくれるところもありますので、まとまったお金が準備できない方も相談してみると良いです。

 

そして成功報酬が大体10万円前後です。

 

複数のカードローンを債務整理するとなると、1社ごとで計算される事もありますので、その点も確認しましょう。

 

任意整理というとブラックリストに載ってしまうため、ためらってしまう方も多いかもしれません。

 

けれど載っている期間は約5年で、一生というわけではありません。

 

それより利息分がカットすることができますので、前向きに利用を考えたい制度です。

 

ただ、利息分でカットできても、元金が減るということではありません。

 

また、まずは自分がどの債務整理をすると良いのかを見極めていかないといけません。

 

困っている方は、そういう点も先に弁護士や司法書士に相談すると良いでしょう。